武蔵野テクノクラート株式会社
武蔵野テクノクラート(コンピュータシステム開発・販売)

セキュリティポリシー

情報保護に関する基本方針

 当社は、情報システムの開発・運営の受託にあたり、情報資産およびそのセキュリティの重要性に鑑み、これらに関する法律・法令を適正に遵守し、安全に管理するため、以下に掲げるとおり適切な措置を講じ、かつ適時見直し改善いたします。
  1. 情報システムの開発・運営の委託を受けて取得した情報資産は、その受託業務に必要な範囲内に限り使用し、その他の目的に利用いたしません。
  2. 上記の使用目的の変更は、相当の関連性を有すると合理的に認められる場合にのみ、委託者から、その内容について、原則として書面による承諾を得て行います。
  3. 取り扱う情報資産の漏えい、滅失またはき損の防止その他の安全管理のため、
    • 情報システムに係る開発、保守又は運用の受託業務遂行に必要な要員に対しては、秘密の保持その他情報資産の適正な取扱いに関する義務についての誓約書を提出させ、遵守させます。
    • 関連する取扱規定等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、正確性・最新性を確保するために必要かつ適切な措置を講じます。
    • 情報システムに係る開発、保守又は運用を外部業者に委託する場合には、その委託契約書に善良な管理者の注意義務及び秘密の保持義務を明記するとともに、情報資産の取扱いについてセキュリティの確保に必要な措置を講じます。
  4. 当社は、以下の場合を除き、委託者の同意なく第三者に情報資産を公開いたしません。
    • 法令に基づく場合
    • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、委託者の同意を得る事が困難であるとき
    • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって委託者の同意を得る事が困難であるとき
    • 国の機関若しくは地方公共団体に属する職員が法令の定める事務を遂行する事に対して協力する場合であって、委託者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
All contents of This Web Site are: Copyright © 1989-2014 MusashinoTechnocrat Co. Ltd.